www.insidecvph.org

.

.


フリーローンというものをしますと定期的に指定日、口座から自動引き落としで弁済されていくようになっています。テレビのコマーシャルでATMなどから適時支払ができるということに言われてますが、それというのは自動の引き落しと別で弁済するケースのことを言っています。こういう支払を、繰上返済と言いまして、残金全部に関してを引き落し支払を全額繰り上げ支払い、一部金を支払いする支払いを一部繰上支払いと呼んでいます。説明しますと、一時的所得などによって金銭に余地が存する事例には自動現金処理機からや口座送金により一部または総額に関して返済するということができるようになっているのです。なおかつこのような内容以外にも繰り上げ支払には利益というものが多くあってデメリットは完全にないです。これのプラスとは、別途でもって支払することによって、借入金自体について軽減するということが可能ですので支払期間というものが少なくなったりしますので、利子も合理化することができ支払いトータルそのものを圧縮でき一石二鳥の支払方式となっているのです。ただし注意したいことは、どんなとき繰上返済しようかということです。クレジットカード会社は返済期間と別の〆がというものがあるのです。仮に15日が〆で次の月10日の返済だとしましたら、15日以降は次の月分の利子を包含した弁済金額に確定してしまうのです。これというのは、15日以後に繰上支払しましても、来月分の支払い金額が決定していますからその期間に早期支払した場合でも次の月分の返済分へは何も効果がないのです。それゆえ繰上弁済といったようなものが即効力を発揮するようにするためには、支払期日の次の日から次の〆め日の到来までのタイミングで早期支払しておく必要があったりするのです。だけど斯様な時の金利の金額はきわめて少額ですみます。それ位は気にしないという場合には、適時自由に繰り上げ弁済してください。なお少しでも節約したいと思惟する方は支払期限から締めまでの期間に早期返済した方がよいでしょう。